卵巣癌の進展様式、転移、播種について

卵巣癌の進展形式 骨盤内の膀胱や直腸といった隣接臓器への直接浸潤および腹膜を介した播種が多い。 骨盤や傍大動脈リンパ節転移が見られることがある。 腹腔外への転移、血行性転移は稀。

肝臓の再生結節とは?原因、画像所見は?

肝臓にできる結節に再生結節(regenerative nodule)があります。 この再生結節は何が原因で生じるのでしょうか?またどのような画像所見を呈するのでしょうか? 今回は肝臓の再生結節についてまとめました。

FNH-like noduleとは?画像所見は?

FNHというのは、肝疾患のない肝臓にできる過形成結節のことです。 同じような結節が肝硬変に発生することがあり、これをFNH-like noduleといいます。 今回はこのFNH-like noduleについてまとめました…

Pseudocirrhosis(偽肝硬変)とは?原因は?

Pseudocirrhosis(偽肝硬変)の概念 肝硬変に類似した肝実質の形態変化。 乳癌肝転移に対する化学療法中に認められることが多い。 他、大腸癌、食道がん、膵がん、甲状腺癌の肝転移でも報告あり。 Pseudocir…

デルマドロームとは?どんな腫瘍が原因となる?

デルマドロームとは、皮膚以外の臓器の病気が由来となり、皮膚に何らかの病変を来すもの。 内臓悪性腫瘍などが存在し、現れる皮膚の症状のことです。 今回は腫瘍を取り上げますが、腫瘍以外にも 肝疾患 膵疾患 消化器疾患 糖尿病 …

腎腫瘍で内部に脂肪を認めた場合の鑑別は?

腎腫瘍で内部に脂肪を認めた場合の鑑別は? 腎腫瘍で脂肪を認めた場合、どのような腫瘍の可能性があるのでしょうか? CTでもわかるような明らかな腫瘍の場合は、腎血管筋脂肪腫(AML)がまず考えられます。 一方で、MRI検査の…