FNH-like noduleとは?画像所見は?

FNHというのは、肝疾患のない肝臓にできる過形成結節のことです。

同じような結節が肝硬変に発生することがあり、これをFNH-like noduleといいます。

今回はこのFNH-like noduleについてまとめました。


FNH-like noduleの概念

  • 肝硬変に発生する限局性結節性過形成様の結節。
  • 単発or多発の1-2cm以下の境界明瞭な円形・分葉状腫瘤。
  • アルコール性慢性肝疾患からの発生が多い。

FNH-like noduleの画像所見

  • T1WIで等〜高信号、T2WIで低〜高信号と様々。
  • ダイナミックにて動脈相で全体が濃染→門脈相、後期相で肝実質と同程度の信号。
  • 肝細胞相では等〜高信号。
  • 明瞭な中心性瘢痕を認めるものはない。

 

参考文献
画像診断 Vol.38 No.10 2018 P989-997


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です