卵巣癌の進展様式、転移、播種について

卵巣癌の進展形式

  • 骨盤内の膀胱や直腸といった隣接臓器への直接浸潤および腹膜を介した播種が多い。
  • 骨盤や傍大動脈リンパ節転移が見られることがある。
  • 腹腔外への転移、血行性転移は稀。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です