小児の後頭蓋窩の脳腫瘍の鑑別とその画像所見のポイントは?

後頭蓋窩に発生する脳腫瘍の鑑別は、成人と小児で異なるため分けて考える必要があります。

成人の後頭蓋窩脳腫瘍の鑑別

  • 転移性脳腫瘍
  • 血管芽腫

を鑑別に挙げます。

最も多いのは転移性脳腫瘍です。

小児の後頭蓋窩脳腫瘍の鑑別

  • 髄芽腫(medulloblastoma)
  • 上衣腫(ependymoma)
  • 毛様細胞性星細胞腫(pilocytic astrocytoma)
  • AT/RT(atypical teratoid/rhabdoid tumor)

などが鑑別として挙げられます。

随伴所見からの鑑別

播種を伴っている場合
  • 髄芽腫>AT/RT
局在
  • 小脳半球:AT/RT
  • 小脳半球〜虫部:髄芽腫
  • 小脳虫部、第4脳室:上衣腫(Luschka孔やMagendi孔に進展することもある)
石灰化
  • 上衣腫、AT/RT、脈絡叢乳頭腫
嚢胞形成
  • 毛様細胞性星細胞腫>AT/RT>髄芽腫、上衣腫
造影効果
  • 上衣腫、髄芽腫:比較的均一に増強
  • AT/RT:充実部や嚢胞壁が不均一に増強
  • 毛様細胞性星細胞腫:壁在結節のみ増強
拡散強調像
  • 髄芽腫:高信号
  • 毛様細胞性星細胞腫、上衣腫:拡散制限なし。

参考文献:臨床画像 vol.34 no.4 増刊号、2018 P54-57


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です