内耳道の正常径と狭窄・拡張の鑑別

内耳道を通るもの

  • 顔面神経
  • 聴神経
  • 迷路動静脈

正常径と狭窄、拡張

  • 2-8mmで平均は4mm
  • 2mm以下は狭窄
  • 8mm以上は拡張

内耳道の狭窄(<2mm)の鑑別

  • 頭蓋骨幹端異形成症(craniometaphyseal dysplasia)
  • 大理石病
  • Paget病
  • 線維性骨異形成症

など。

内耳道の拡張(>8mm)の鑑別

腫瘍性病変:聴神経腫瘍などの内耳道占拠性病変

非腫瘍性病変:神経線維腫症における硬膜拡張症(duralectasia)

など

小児では正常破格として内耳道が拡張することがある

小児の場合、頭部CTで偶発的に内耳道拡張が認めることが多く、無症候性で両側性で対称性ならば正常破格の事が多い。

参考文献:画像診断 vol.37 No.13 2017 P1358,1361


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です