肺内リンパ節とは?

何らかの肺の炎症の結果、もしくは肺に蓄積する物質(炭粉やその他の粉塵など)を処理した結果、肺内のリンパ節が腫脹して、肺内に結節を形成することがあり、これを肺内リンパ節と言います。

肺内リンパ節の特徴

  • 喫煙者や自己免疫疾患の人に高頻度に見られる傾向がある。
  • 胸膜の近くで肺静脈との連続性を有する
  • 形状は楕円形〜多角形の結節を示す。

と言う点が特徴となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です