肺のリンパ路に沿った分布を示す疾患の鑑別

肺のリンパ路に沿った分布を示す疾患は大きく3つに分けられます。

  • 水分排泄経路としてリンパ路が拡張する疾患
  • リンパ路自体を増殖の場とする腫瘍性病変/腫瘍類似疾患
  • 異物処理経路としてリンパ路が顕在化する疾患/肉芽腫性疾患

水分排泄経路としてリンパ路が拡張する疾患

  • 間質性肺水腫
  • 急性好酸球性肺炎
  • 肺胞蛋白症
  • その他の肺胞領域の水分が増加する疾患(大葉性肺炎の起炎菌による肺炎、慢性線維化性間質性肺炎の急性増悪など)

など

リンパ路自体を増殖の場とする腫瘍性病変/腫瘍類似疾患

  • 癌性リンパ管症(原発性肺癌(小細胞癌、腺癌など)、転移性腫瘍(胃癌、乳癌、膵がんなど))
  • リンパ増殖性疾患(良性)
  • リンパ増殖性疾患(悪性)肺原発悪性リンパ腫(MALTリンパ腫など)・リンパ腫様肉芽腫症の一部など
  • 続発性悪性リンパ腫
  • 肺アミロイドーシス

など

異物処理経路としてリンパ路が顕在化する疾患/肉芽腫性疾患

  • サルコイドーシス
  • 珪肺

など

参考文献)画像診断 vol.38 No.5 2018 P431-444


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です