頚静脈孔の解剖と好発する腫瘍の鑑別は?

頸静脈孔は

  • 前内側部の神経部
  • 後外側部の血管部

に分けることができる。

頸静脈孔 神経部

神経部は血管部と比べて細く、舌咽神経が通過する。

頸静脈孔 血管部

血管部には、

  • 内頸静脈
  • 迷走神経
  • 副神経

が走行する。

頸静脈孔およびその周囲に発生する腫瘍

  • 神経鞘腫
  • 傍神経節腫
  • 髄膜腫

などの好発部位。

ただし、頸静脈孔は正常でも左右差を認めることが多いので注意が必要。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です