卵巣癌の画像診断のポイント

卵巣腫瘍の取り扱いにおける大きな変化として、高異型度漿液性癌は卵管、腹膜の一連の病変として扱うように変更になったことです。

FIGO 2013 WHO 2014

卵巣腫瘍・卵管癌・腹膜癌取り扱い規約

  • Ⅰ期:卵巣あるいは卵管に限局する腫瘍
  • Ⅱ期:腫瘍が骨盤内に進展あるいは腹膜癌
  • Ⅲ期:腫瘍が骨盤外に進展あるいは腹膜癌かつ/またはリンパ節転移
  • Ⅳ期:遠隔転移(腹膜転移を除く)

卵巣癌の病期

卵巣癌は40ー60歳代で全体の71%を占めます。

  • Ⅰ期:42%
  • Ⅱ期以上:41%

Ⅲ期の中ではⅢC期が最多で半分を占める。

卵巣癌の組織型

  • 漿液性癌
  • 粘液癌
  • 類内膜癌
  • 明細胞癌
  • その他

上皮性腫瘍が9割を占め、漿液性癌が最多です。

卵巣癌の治療内容

手術のみは22%と少なく、多くは化学療法が必要となります。

では卵巣癌における手術の目的とはどういうものでしょうか。

卵巣癌における手術の目的

卵巣癌における手術の目的は

  • 組織型の確定
  • surgical stating

を行うことです。

進行期を決定し、必要な手技を含む術式を行います。

卵巣癌における術式

両側付属器摘出+子宮全摘+大網切除 リンパ節生検。病変が疑われば切除します。

ただし、進行症例→肉眼的残存腫瘍がない状態(complete surgery)を目指した最大限の腫瘍減量術(debulking surgery)が奨められる

治療の流れ

手術→化学療法を行うことが多い。

手術のみで治療されるのは1aあるいは1b期で組織が明細胞癌以外のGrade1のみで、他は化学療法を追加します。

原発巣が摘出困難→術前化学療法(NAC)→手術あるいは化学療法となります。

卵巣癌における画像診断の役割

  • 病変の広がり診断
  • NACが適応となる病変の正確な存在診断

この2点を明確にすることが画像診断の役割となります。

卵巣癌のMRI画像診断

  • 子宮、S状結腸、骨盤壁、膀胱への浸潤など骨盤内病変はCT寄りも優れている。組織分解能が高いため。
  • 播種に対するDWIが有用。
  • 被曝がない。
  • 広範に撮影できない、空気のアーチファクトで小さな播種が見逃される事もがある。

※PETは空間分解能が低く小さな播種を見落とす可能性がある。

卵巣癌の伸展様式

最も多いのは骨盤内の直接浸潤播種を介してが多い。

リンパを介して(骨盤内~傍大動脈リンパ節)はその次で、血行性は最も少ないと言われています。

直接浸潤で多いところ

  • 腹膜翻転部
  • 傍結腸溝(右の方が深く右に多いとされる)
  • 大網(播種があると脂肪濃度の上昇→omental cakeとして充実性腫瘤にみえる)

Ⅳ期を示唆する病変

  • 実質臓器転移
  • 腹部骨盤外の鼠径リンパ節を含むリンパ節腫大  鼠径でも転移あればⅣb期となる。
  • 胸水(細胞診→陽性ならばⅣa期)

これらを認めた場合は、手術の対称となりません。

optimal surgeryが困難とされる病変

  • 腎門より頭側のリンパ節転移
  • 腹壁浸潤
  • 肝実質転移、被膜下肝転位
  • 2cmよりも大きな播種

リンパ節評価

  • 短径1cmを悪性とする。
  • 腎臓よりも頭側に位置する後腹膜のびまん性に広がる結節
  • 傍心横隔膜リンパ節腫大は腹膜播種と相関し予後不良 5mm以上で陽性ととる。

腹部、骨盤壁浸潤

  • 膀胱、尿管、直腸の浸潤→婦人科だけでは手術できない
  • 骨盤壁の筋層から距離が3cm、未満または腸管血管への浸潤はoptimal surgeryが困難とされる病変

肝周囲病変の評価

  • 小網(肝胃間膜(左胃動脈が走行)
  • 肝十二指腸間膜(固有肝動脈、胆管、門脈が走行)により構成)
  • 肝胃間膜
  • 肝鎌状間膜の脂肪が消失→転移が疑われる。
  • 胃脾間膜(短胃動静脈が走行)

レポートに記載すべき内容

  • 術中見えないかもしれない病変(管腔内病変:膀胱、消化管)肝臓、脾臓への転移、胸膜転移
  • 骨盤、腹部、後腹膜、胸部切除可能病変 ※切除不能の可能性がある病変を警告
  • 卵巣癌合併症 :消化管閉塞、水腎症、血栓症(骨盤内、IVC、肺)※卵巣癌は他の癌に比べて血栓症が多い。
  • FIGO stage
  • NACとなり得る症例の場合はガイド下生検に適した部位

参考)がん診療ガイドライン 卵巣がん 治療ガイドライン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です