肺癌のT因子の腫瘍のサイズと浸潤範囲および副所見(UICC 8th)

UICC 8thにおける肺癌のT因子の腫瘍のサイズと浸潤範囲および副所見

UICC 8th

充実成分径

浸潤範囲

無気肺・閉塞性肺炎

副腫瘍結節

Tis

0cm

T1

T1mi

≦0.5cm

T1a

≦1cm

T1b

≦2cm

T1c

≦3cm

T2

主気管支・臓側胸膜

部分的・一側全体

T2a

≦4cm

T2b

≦5cm

T3

≦7cm

壁側胸膜・胸壁・横隔神
経・心膜

同一肺葉内

T4

>7cm

横隔膜・縦隔・心臓・大血
管・気管・反回神経・食
道・椎体・気管分岐部

同側の異なる肺葉内

 

T因子を見るときはまず腫瘍が

  • すりガラス影のみ
  • すりガラス影+部分的に充実部位
  • 充実部のみ

なのかに分ける。

  • 病変全体径 Total Size (TS)
  • 充実成分径 Solid Size (SS)

とし、いずれも最大径(1方向のみ)を計測する。

すりガラス影のみ

  • cTis: TS≦3cm
  • cT1a: TS>3cm

すりガラス影+部分的に充実部位

  • cT1mi: TS≦3cm & SS≦0.5cm
  • cT1a: TS>3cm & SS≦0.5cm
  • cT1a: 0.5cm<SS≦1cm
  • cT1b: 1cm<SS≦2cm
  • cT1c: 2cm<SS≦3cm
  • cT2a: 3cm<SS≦4cm
  • cT2b: 4cm<SS≦5cm
  • cT3: 5cm<SS≦7cm
  • cT4: 7cm<SS

充実部のみ

  • cT1a: SS≦1cm
  • cT1b: 1cm<SS≦2cm
  • cT1c: 2cm<SS≦3cm
  • cT2a: 3cm<SS≦4cm
  • cT2b: 4cm<SS≦5cm
  • cT3: 5cm<SS≦7cm
  • cT4: 7cm<SS

T因子 PL0-3 胸膜に浸潤しているかどうか

胸膜浸潤 肉眼的所見 病理組織学的所見 T分類

PL0 (pl0)

臓側胸膜に達していない

臓側胸膜外弾力膜を越えていない

T1

PL1 (pl1)

臓側胸膜に達しているが、明らかには露出していない
臓側胸膜外弾力膜を越えているが
臓側胸膜表面に達していない

T2a

PL2 (pl2)

臓側胸膜表面に明らかに露出している
臓側胸膜表面に明らかに露出して
いる

葉間PL3 (葉間pl3)

分葉の有無にかかわらず、葉間を越えて隣接肺葉に及んでいる
分葉の有無にかかわらず、葉間を
越えて隣接肺葉に及んでいる

PL3 (pl3)

壁側胸膜を越え、連続的に胸壁, 横隔膜, 縦隔臓器に及んでいる

胸壁, 横隔膜, 縦隔臓器に及んでいる

T3, T4

胸膜に接していない腫瘍はPL0となる。

胸膜に接していても浸潤があるとは限らない。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です