急性白血病の骨病変の画像診断の特徴

急性白血病の骨病変の画像診断の特徴

  • 急性白血病は、小児では70%がリンパ性で2-5歳が発症のピーク。
  • 関節炎や骨髄炎と症状が紛らわしい。
  • 関節内出血、骨膜下出血、梗塞を起こすことがある。
  • レントゲン:びまん性の骨陰影減弱、Metaphyseal band 長管骨骨幹端に帯状低吸収域。
  • MRIでは腫瘍浸潤で骨髄信号はT1強調像で、低下、STIRで高信号。
  • 関節をいくつにもまたいで異常がある。関節面の明らかな破壊や腫瘤形成ははっきりしない。骨端にも同じ信号域が広がっている→びまん性に骨髄に異常がある。このような場合に、白血病も鑑別に入れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です