Castleman病とは?部位、分類、画像所見まとめ

Castleman病とは原因不明のリンパ増殖性疾患です。

今回は、Castleman病について

  • 発生部位
  • 病理組織学的分類
  • 臨床
  • 画像所見

に分けてまとめました。


Castleman病の好発部位

発生部位は、

  • 頭頸部 25%
  • 縦隔 24%
  • 肺門 18%
  • 後腹膜 11%
  • 腹腔内 3%

と報告されています。

Castleman病の病理組織学的分類

病理組織学的には、

  • hyaline vascular type(HV型) 9割
  • plasma cell type(PC型) 1割
  • 混合型

に分類されます。

Castleman病の臨床

臨床的には、限局性である単中心性と、全身に認める多中心性に分類されます。

単中心性は30-40歳代に多く、完全切除で根治できることがあります。

一方で多中心性は高齢者に多く、比較的予後が不良と報告くされています。

Castleman病の画像所見

HV型は、造影CTで境界明瞭な腫瘤として描出され、比較的強く均一な造影効果を示すことが多いと報告されています。

MRIでは

  • T2強調像:高信号
  • T1強調像:低〜高信号

と報告によって差があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です