BCGワクチン接種による骨軟部感染症の副作用

BCGワクチン接種による副反応として最も多いのは、接種した側の腋窩リンパ節腫大

まれに、

  • 骨炎
  • 骨髄炎

を起こすことがある。

骨髄炎については接種から6-12ヶ月後に発症するものが多い。

画像では骨の破壊性変化を認める。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です